購入前に要チェック【サイズ展開は?】

メディレギンス サイズ

 

らくらく脚痩せのメディレギンス。

 

メディレギンス履いているだけで脂肪燃焼してくれる嬉しいレギンスです。

 

サイズと素材はどうなんでしょうね。

 

始める前にサイズ展開と素材情報は把握しておきたいですよね!

 

メディレギンスのサイズと素材をご紹介しますね。

 

サイズ情報

 

メディレギンスのサイズ展開はとっても気になります。

 

サイズがわからないとメディレギンスを購入できないですよね。

 

ではでは、メディレギンスのサイズを見ていきましょう。

 

メディレギンスのサイズ展開は

 

M〜L

ウエスト・・・64〜77p
ヒップ・・・87〜100p

 

L〜LL

ウエスト69〜85p
ヒップ92〜105p

 

のサイズ展開です。

 

一般的な服のように細かいサイズ区分がされていないので体系よっては合う合わないがあるかもしれません。

 

着圧レギンスなのである程度の締め付けはあります。

 

今まで着圧インナーを履いたりした事がない人は初めてメディレギンスを履くときはキツく感じるかもしれません。

 

でもそれはまだ体がメディレギンスに対応していないからです。

 

履いていくうちに体も慣れてきて心地よい締め付けを感じられるようになります。

 

メディレギンスは伸縮性のあるレギンスですが伸びるからと言ってサイズが合っていないのに無理に履いてしまうと体に負担をかけてしまうのでやめましょう。

 

メディレギンスを検討している人はサイズが自分に合っているか確認してくださいね。

 

素材情報

 

サイズ展開を見てきたので次に素材を見ていきましょう。

 

メディレギンスの素材は

 

  • ナイロン89%
  • ポリウレタン11%
  • 生地にゲルマニウムとチタン、銀を配合

 

です。

 

ナイロン素材は化学繊維のうち石油を原料としている合成繊維の一つです。

 

化学繊維の中でも古い歴史を持っています。

 

ナイロン素材は摩擦に強い機械的強度や切れにくいという性質を持っています。

 

ポリウレタン素材は化学繊維の中でもゴムの様な性質がある珍しい繊維です。

 

衣類などに他の素材と一緒に使われる事がほとんどなんですよ。

 

ポリウレタン素材はコーティング用としても使われたりします。

 

生地に配合されているゲルマニウムは半導体と言う性質から通信機器や電子部品に活躍しています。

 

衣類や歯の治療などにも多く使われています。

 

ゲルマニウムは金属と違い参加する事がないので敏感肌の方や小さなお子さん、お年寄りにも安心して使えます。

 

チタンは強度や軽さ耐熱性や錆びにくいなどの特徴を持っています。

 

そのためアクセサリーや衣類などにも活躍しているんです。

 

チタンは熱伝導がいいので結露が生じにくいんです。

 

銀は抗菌、抗酸化、殺菌、消臭、脱臭などの優れた性質を持っています。

 

安全性が高く副作用などの問題はほぼありません。

 

メディレギンスの素材はとっても安全安心できる素材なんです。

 

ですが人によってはアレルギーや肌が弱い人もいると思います。

 

メディレギンスを始める前に素材が自分の体に合っているか確認しましょう。

 

せっかく効果のあるメディレギンスでも肌に合わないと履けないですもんね。

 

>>メディレギンスの詳細はこちら